大須演芸場 お盆特別興行 怪談ばなし

露の真 時うどん

豊来家大治朗 太神楽

坂井千春 演歌

露の団姫 ちりとてちん

鈴々舎馬るこ 真田小僧

~中入り~

柳家三亀司 独楽

露の団四郎 淀川堤夢川竹

お盆はやっぱり大須でこれ行かないと!


大治朗さんの「むちゃだわん」健在。
馬るこさんてなんとなく立川流の匂いがする。。。水泳の北島選手にちょっと似てる、気がする。テンポ良くて面白い。
三亀司さんのおしゃべりが進化(?!)してた。。脱力系独楽回し楽しいです。私ちゃんとかけ声かけられるもん。

団四郎さん、背景が変わったり、照明が変わったり。前座さんが幽霊で出てきて、団四郎さんも衣装の早変わりがあり。ちゃあんと見得切ってしまる。こういうの、楽しくて良いですねー。お話は、牡丹灯籠の後半の、お峯伴蔵のような展開。悪いことしてつながっちゃった男女、ってやっぱり悪縁、なんだよね、と、しみじみ。

二十日までやってます。12:00~の部と、14:50~の部。
けっこう、ほどよい入り。「一度大須演芸場行ってみたいけど、なかなか」という方は、これを機にぜひ。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR