柳家喬太郎独演会 in 中電ホール

さん弥 黄金の大黒
喬太郎 竹の水仙
 ~中入り~
喬太郎 厩火事

喬太郎さんです! この一文だけで楽しみが保証されているようなものです。

さん弥さん、独特の雰囲気と間です。こういうのを「フラ」がある、とかって言うんでしょうね(←半可通)。客席に向かって「ぽいぽいっ」って投げてきちゃうような、小咄センス。一度見たら忘れない個性的な風貌。。これから楽しみな落語家さんがまた増えました。以前にさん喬さんとの二人会で伺ったときに比べると、かなり「フリーダム」な味が前へ出てきたような。

「竹の水仙」。すごい竹の水仙(笑)。「あの、すいません。。すいません」って権太楼さんキャラが出張ってきたり。「ちょーうぜー」とかって喬太郎さんの現代若者キャラが突然出てきたり。飛び道具いっぱい、でもお話は見事に進んでいく、たいへんな(!)竹の水仙でした。
お殿様は今回は毛利だったのね。。。細川の時もあったような? あれは歌丸さんのとき? どの固有名詞が出てくるかも楽しみだったりします。

「厩火事」、楽しめましたが。。。前半でちょっと仕込みに落ちがあったのかな? あれ? と思う展開も。

**今回もったいなかったのは、せっかく出囃子が生なのに、その音が会場内にあまり届いていなかったこと。スピーカーとかマイクとかのこと、よくわかりませんけれど、ぜひ三味線や笛の音、もっとしっかり聞きたいです。 

スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR