柳家三三 ひとり会 in 愛知県芸術劇場小ホール

柳家 三三 大工調べ
古今亭菊六 欠伸指南
柳家 三三 山崎屋

今回、前座さんはなし。ゲストがあるときは、そうしてくれると間延びしなくて本当は嬉しい。

大工調べの流暢さはさすが。講談好き、だからなのかな(笑)。ただ、この話、後半はなんとなく後味悪いです。。大家さんにそこまでの仕打ちをする理由が。。。三三さんだから音の心地よさで聞いていられるけれど、お話そのものは。。。お奉行様が出ないで終わる形の方が、好きですね。

話題の菊六さんが聞けてラッキー。指南所に行くまでの見込み違いが丁寧で面白い。欠伸の風情も艶がありますねー。ちょっと前に市馬さんで聞いたところだったので、「柳家」と「古今亭」の雰囲気の違いが分かったような気になりました。菊六さんもぜひまた名古屋へ!出ばやしが朝妻船、ってのがまたよくお似合いです。

山崎屋。番頭さんは腹黒(?!)なのか、どうなのか(笑)。大旦那の吝い感じも面白いです。

**席で、隣になった方に「いつもいらしてますよね」と声をかけられました。お顔見知りの落語仲間、ってだんだん増えていったりしています。馬鹿笑いとか「だあくび」、していても、まあお互い様、ってことで。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR