重なる日。

落語に興味を持ち始めた頃は、まだ名古屋ではあまり機会がなくて。
(情報探しがヘタだっただけかもしれませんが)

でもこの頃は、ほんとにたくさんの会があります。
ありすぎて、困る日もちょいちょい。

今日の夜はそんな日です。なんとトリプル。

小三治さんの会(名鉄ホール)、文我さんの会(情妙寺)、
そして、「江戸落語 若手花形三人衆」
(三遊亭時松さん 林家たけ平さん 鈴々舎馬るこさん)の会(大須演芸場)。

身体が、足りない。。。(お金も?)




スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR