柳家三三ひとり会 in 中電ホール

柳家右太楼 「寄合酒」
柳家三三  「佐々木政談」
中入り
林家ニ楽  紙切り
柳家三三  「柳田格之進」

右太楼さんは、見る度に余裕が出て来て。もう真打ちでも十分なのに。
(会長小三治さーん、同門柳家系に厳しすぎやあしませんか?)
マクラもウケたね~今日。
確かに、喜多八さん路線はいいかもしれません。
岐阜での「ライブ」も行きたいのですが、しばしば他の会とぶつかってしまう。
今度はぜひ。

二楽さん、もう何度も見てますが、何度見ても見事ですねえ。
切っている間のトークは、基本的にいつもだいたい同じなのですが、
何度聞いてもおかしくてあきないのはなぜなんでしょう。

さて三三さん。「政談」ちょっぴり子どもが生意気過ぎちゃって可愛くない気がしたのは、
芸風に鋭さがあるからなのかな。でも、運びの見事さはさすがです。

「柳田」はほんっとにすっごく良かったです。
落語版の柳田は、あれこれ、筋にもキャラにも無理や無駄が多い気がして、
余り好きじゃなくて、絶対講談版に戻すべきだよねーって
ずーっと思っていたのですが、さすが、三三さん。

落語版の良い要素は残しつつ、骨格は講談版に戻してがっちり作り込んでました。
さすがさすがさすが。唸ってしまいました。

まだお若いのに、、ほんとにこの人はどこまで行くのかなあ。



スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR