大須で江戸噺(11/12夜)

古今亭今輔「胴切り」
瀧川鯉朝「松山鏡」
三遊亭遊雀「七段目」
仲入り
春風亭昇乃進「深夜のタクシー」
三笑亭夢花「粗忽長屋」
春風亭柳太郎「尻餅」

なんか、定着しそうな会。いいですね。
遊雀さんが出ているとうれしー。

もぎりにいらした鯉朝さんに「ブログいつも見てます」と言ったら、
「え!あんなものを見ちゃあ…」って、照れくさそうにしていらしたのが、
とてもチャーミングでした。

12月には鯉朝さんと遊雀さん、二人会があります。
お二人、チケットを手売りしてらしたのが、良い風景。
でも実はもう既に買っちゃってて。「買います」って手が上げられなくて、残念。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR