りらっくご

森乃石松「寄合酒」
林家花丸「厩火事」
桂 こごろう「花筏」
~仲入り
トーク

「りらっくご」、8回目だそうです。
席亭ことりさん、キュートな着物姿で、動く仕切る。美しいです。
この会はスタッフが皆着物女性。お客さんにも着物が多くて、それを
見るのも楽しい会です。

さて、肝心の落語です。

石松さんはふわっとした雰囲気。
トークがなかなかおとぼけで面白い。これから楽しみですね。
花丸さん。唄いましたね~、宝塚。まだすこーし照れがある感じでしたから、
どうせならもっとがんがん唄っちゃえば。東京の喜多八さん、市馬さんに張り合える?! かも。

さて、「南天」襲名の決まったこごろうさん。シャープでパワフルな落語です。
時々、イッセー尾形さん(声が似ています)のような不思議な空気も漂って。

次回は2/26だそう。そのときは、私もことりさんの真似っこで、
「南天の帯」を(確かあったぞ、ヤフオクでゲットしたのが)していこうっと。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR