♪ねこをかんぶくろに押し込んで♪

 ねこを飼ったことがなかった頃は、「山寺の和尚さん」は動物虐待じゃないの、と思っていました。でも、違うのかも。
 飼っている方はかなり同意してくださると思うのですが、ねこって自分で狭いところに入っていくんですね。何があるか確かめたいのかな。姫さまも、レジ袋とか本屋さんの紙袋とか、お酒の瓶が入っていた細長い箱とか、いろいろなものにトライなさいます。
 昨日、とある漫画家の先生からお葉書を頂戴しましたら、「紙袋をかぶったネコ」のかわいい画。かわいいねこをよくお描きになっている先生ですが、でも、その先生のタッチとは違うなぁ、とよくよく気をつけて見たら歌川広重の「猫」の絵はがき。日本画をとても身近に感じる瞬間だったりします。
 で、今日の姫さま。戻ってきた寒さがお嫌なのでしょう。袋ではなく、温かいところにin。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR