ガングリオン

自分に起きるまで知らないこと、ってたくさんあります。

私は数年前から、足の甲に直径2~3cmほどの腫れものができるようになりまして。おそるおそる病院に行ったら「ガングリオンですね~ 抜きましょう」と言われました。

原因不明だそうです。本人の暮らしに支障がなければ、ときどき内容物を抜いてやるだけで、あとはどうってことはないそうです。痛みなどがあったり、重大な支障があれば手術も考えるとのことですが、幸い、私は「大きくなってくると靴が履けない、正座ができない」だけなので、数ヶ月に一度抜いてもらって対応してます。
(草履と下駄ばかりなので、助かってます。サンダルやヒールはもう絶対無理です)

抜くときは痛いんですけどね。足の甲に注射針が刺さっている図は。しかも、内容物がけっこう粘度があるようで、先生が「絞る」(苦笑)。なかなか、痛い。

今日また抜いてもらってきました。
これでしばらくは足の甲が平ら。うれしい。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR