ブルーのペディキュア

この夏の「マイブーム」は、ネイルでした。

勤めていたころに、一時凝って。学生さんと情報交換したりもしてました。。。授業の時、私がどんなネイルを塗ってくるかを楽しみにしててくれた学生さんもいたようです。ホワイトボードに字を書こうとすると、指先は目立ちますし。(先生今日のはダメ、着物と合ってない、とか、けっこう手厳しい学生さんもいたりして。みんな今頃どうしているかな?)

退職して、家に引っ込んで、しばらく面倒だったのですが、今年復活。数年経つと、アイテムもとっても進化してて、楽しいですね~。

サロンに行ってやってもらうのは、憧れはありますが、やっぱりもったいないので(笑)、自分で。デザインを考えて塗るのも楽しかったりします。

三味線を弾くので、左手の人差し指、中指、薬指は残念ながら伸ばせません。ある程度長さがないと、グラデーションとかはかっこよくないのが、ちょっと悔しい。

このところペディキュアをターコイズブルーのラメ、しかもシールでビーズ付けたりしていましたが、さすがに、もうそろそろ、そんな夏仕様はおしまいかな、と。

シールを使うと、オフするのがちょっと大変ですね。。けっこう時間がかかる。とくにラメの入っているネイルは落としにくい気がします。

さあて。秋はどんなのにしましょうか。お花のシールをあれこれ、手に入れました。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR