FC2ブログ

昔の名前・・では出てません in 愛知淑徳大学

この下半期、愛知淑徳大学で非常勤講師をしています。
担当科目は「エンタテインメント文芸」

私がこの科目名の講師としてふさわしいかどうかは、ともかく。。
小説を書きたい学生さんたちと向き合うことに。

実を言うと、カルチャーなどからも「小説講座をやってほしい」という依頼はすごく多い(ありがたい)のですが、ずっとお断りしてます。
なぜって? いやいや、私に教わりたい方は、どうぞ私じゃなくて、鈴木輝一郎先生のところへ。(詳細はこちらからどうぞ)
この方針は今も変わっておりません。

が、今回の淑徳さんのご依頼は、いくつか思うところあって、お引き受けしました。。。
何を思ったのかは、ないしょ(^x^) です。
ちょっと教壇復帰にも興味があった、とか、ほかにもいろいろ、ね(ゼミっぽい授業の教室なので、「壇」はありませんけど)

別件ですが、今「てんしき杯」についていくつか原稿を準備していて、何人もの若い方に、取材させてもらってます。
みんな、とりどりに、素敵な人たち。

文学講座では、自分よりもご年配の方と接することが多いです。
なので、今は本当に幅広い方と接点を持たせてもらってます。これ、「昔の名前」の自分だと、あり得なかったこと。

ただねー、ありがたいけど、猛烈に時間が足りなーい!!!
がんばれ!(^^)!、私。二人いるといいのにね。

ツーショット8/23
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR