FC2ブログ

稲垣僚祐「中村仲蔵」 in G/PIT 

仲蔵by稲垣
昨夜の初日にお邪魔してきました。

いや、驚きました。このクオリティの高さ。
あえて仲蔵本人を演じず、まわりの人たちを次々に演じていくことで、一人の役者の半生が浮き上がっていく。
仲蔵本人を演じてはいないのに、芝居に熱中する仲蔵と、役者稲垣僚祐がだんだんと重なり合っていく。

講談・落語でお馴染みの仲蔵とは、またひと味違った舞台です。

講談・歌舞伎・落語をよくご存じの方なら、その違いがとても楽しめるでしょうし、
反対に、まったく古典芸能とか知らないよ、っていう人は、舞台に工夫されたあれやこれやで、
(いろんな説明を、説明っぽくなくきちんとする、って、たいへんなことなんですが、
 そのあたりもとても巧妙に仕組んであります)
現代劇としてもしっかり楽しめると思います。

26日まで、まだ11公演あります、未見の方は、ぜひ。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR