大須でジャンケン/名古屋で九雀亭/小せん羽ばたくFINAL

新刊が出たり、壇上に立たせていただいたりと、何かとテンション高く過ごしておりましたが、
それでも、合間を縫って、楽しむことは、楽しんで。
まとめてのレポですみません。
大須でジャンケン
兼好さんと遊雀さん。所属団体は違うのだけれど、お二方とも三遊亭。
ハイグレードな組み合わせ!

遊雀 兼好 フリートーク

じゃんけん  やかん

遊雀 熊の皮

兼好 猫の災難
            ~仲入り
兼好 犬の目

遊雀 宿屋の仇討ち

フリートーク、お二方の「私服」も興味深い。
兼好さんは、普段も着物をお召しなんですよね、教育委員会のコントでも、和服でご登場になります。
至ってカジュアルな遊雀さんと好対照。

熊、猫、犬……動物シリーズだったのかな? いずれも軽妙に楽しく。
宿屋の仇討ち、この噺に出てくるお武家さん、万事世話九郎さん、かなり好きなキャラです。

この組み合わせは何にも考えずに、極上の笑いの新幹線に乗るみたいに、楽しめますね。

九雀亭

あまり上方の落語を聞く機会は多くないのだけど、九雀さんは先日の吹奏楽落語がとても面白かったので。
こぢんまりした会場、アットホームで楽しい会でした。
九の一 兵庫船

九 雀 片棒/蕎麦の殿様
                 ~
九 雀 らくだ

お江戸のとはかなり違う片棒。九雀さんの工夫もかなりあるのかな?
宝塚が入るのが、なるほどです(笑)。

らくだのこのオチ~!!!! すごく、いい。
気に入りました。気が利いてます。「膝を打つ」瞬間でございました。

引き続き名古屋へ来てくださるのかな? 楽しみにしてます。 


さて、と。
小せんはばたくFINAL2
この会の日は、自分が演者側にいたので、聞きにいけなかったのですが、相方が行っておりまして。
小せんさんにもご挨拶をしてきてもらいました。

豪華な3人だよね。。聴きたかった。。
これまでの会の足跡。1回目の松本以外は、全部聴いてます<(`^´)>♡!
いいのだ、どれも。
小せんはばたくFINAL
最後が聴けなかったのは残念だったけど、その代わり、自分の主催する会に小せんさんをお呼びできます。
こんな幸せはありません。楽しみ楽しみ。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR