神田松之丞 講談漫遊記 in 愛知県芸術劇場小ホール

松之丞2017.11.16
神田松之丞 芝居の喧嘩
        (男伊達昔風俗幡随院長兵衛)

        ボロ忠売り出し
        (天保水滸伝)
                     ~仲入り
松之丞 神崎詫び証文
      (赤穂義士銘々伝)

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの(! 実際松之丞さんが張扇を叩くと、鶏くらいおっこってきそうな気がします)、
若き講談界の星。
じっくり聞けて、うれしいね。
これを機に、ぜひ落語のみならず、講談も名古屋で定期的に聞けますように。

「夏はお化けで冬は義士」、だそうですが、
確かに、侠客伝とかより、怪談とか義士伝の方が、聞きたいな。

年末には一龍斎貞鏡さんのシネマスコーレでの会もありますし。
いろんな生の話芸、楽しみ楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR