猫返し in 小説すばる 10月号

たぶん今年最後の木槿の花。
いろいろあって過酷だった夏のベランダで、よく生き抜いてくれました。
来年もよろしくね。
木槿2017有終の美

ピーターに会って帰ってきたら、「小説すばる」届いていました。
30周年記念号とのこと。
猫返し1頁め
表紙に載せていただいた名前。
隣には神田茜さんの名前。
茜さんは講談師でもあります。まだお目にかかる機会はないのだけど。
一度お話してみたいな。

「猫返し」は、『稽古長屋 音わざ吹き寄せ』の後日談です。
大地震のあった安政二年、音四郎、お久、お光は、どう過ごしたのでしょうか……。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR