喬太郎 三題噺地獄 in 鈴本演芸場

鈴本2017八月上席
いささかじたばたしておりまして。
気づけば、八月に出かけたところのUPがまるでできておりません。

ぼつぼつ、挙げてまいりましょう。

まずは、ちょっと、東京へ。

喬太郎さんが三題噺をなさるというので!

客席からお題を10、提案して、その後に、喬太郎さんがくじで三つ選ぶ、という段取りでした。
私が行った折は、「蜃気楼」「岩手県」「散歩」の三つ。

しかし、トリが喬太郎さんで、他に丞さま、文蔵さん、白酒さん、扇遊さん……色物さんも含め、
まあなんと豪華な顔ぶれでしょう。

二時間足らずでストーリーを作ってしかも演じてしまうという、
魔法のような技に、ははー、とひれ伏してしまった、ひとときでございました。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR