落語教育委員会 in 中電ホール

落語教育委員会
コント 一同

三遊亭けん玉 浮世床

柳家喬太郎 首ったけ
              ~
三遊亭歌武蔵 甲府ぃ

三遊亭兼好 大山詣り

早いもので、喜多八さんが亡くなられてもう丸一年以上……。

ゲストを招いて開催されていた「教育委員会」ですが、
今回から新メンバーが正式加入。

やったね! 兼好さんです(^O^)v。
この方も、ぜひぜひもっと名古屋で聴きたい方のお一人。

コントの和服は、きっと私服? ですよね。
明治の書生山(?)風で、良いな♪

この日は、円谷英二氏のお誕生日だったので、
喬太郎さん、ウルトラネタがくるかな? と思いましたが、そこはからぶり。
首ったけは、女郎の日常が見えます。

歌武蔵さんの甲府ぃ。
押しつけない人情咄。

そして、新メンバーの兼好さん。
大山詣りは、前にも聴いたことがあります。
あとから冷静に考えると、ちょっとやり過ぎな後味の悪さもある咄なのですが、
それを全然感じさせず、あっさり爆笑でやりきってしまうところが、さすがです。
毛を剃る仕草の漫画チックなおもしろさとか、抜群。

次も楽しみにしています。=^_^=。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR