岩倉市生涯学習センター 文学講座 第一回

王朝女性の暮らしと心
  ――雅な世界ノウラおもて――

第一回 女の計算、男の打算? 通い婚時代の女と男

岩倉の第一回。

初めての会場は、緊張しますね。
想像より会場が広くてびっくり。
天井も高くて、ゆとりのあるお部屋です。

60名の募集に、結局70名おいでくださったとのことで、
本当にありがとうございます。

ただ、あの広い空間に、ああやってゆったりご着席いただいた場合、
もう少し話し方を工夫しないといけませんね。
もうちょっと、語尾までゆっくり明瞭に話すことを意識しないと、
お聞きづらい方もいらしたかも。
反省……。
あめ=^_^=
終了後、受講生のおひとりがくださったあめ。
「先生、次は袋ごと持ってきてあげる!」と
楽しそうに言ってくださいましたσ(^◇^;)。
(やさしいミントのおいしいあめでした)

後で職員の方からお聞きしたところでは、
「講師を気に入るとあめをたくさんくださる方」らしい。
好感触、と思っていいのかな(^.^)。

次回は6/24。どうぞよろしく。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR