成金同士討ち in 岐阜/古今亭菊之丞 in 大須演芸場

同士討ち(鯉八)

滝川 鯉八 やぶの中

昔々亭A太郎 死神

鯉 八 新日本風土記

A太郎 不動坊

鯉八さん。前代未聞のセンスです。面白いわぁ。
私はかなり好きですが……客を選ぶ芸かもしれません。。。
百栄さんとか、今輔さんとか、新作派で大好きな顔ぶれとして、
鯉八さんも、要チェック。 
またぜひ、名古屋近辺へおいでください。


オースのジョー4
桃月庵はまぐり 垂乳根

古今亭菊之丞 愛宕山
              ~仲入り
古今亭菊之丞 干物箱

はまぐりさんは、白酒さんのお弟子さん。
白酒さんのお弟子さんの名前の付け方がとっても好きです。
もう一人は「ひしもち」さん。

さて、菊之丞さん。
いやいや、「丞さま!」なのです。
かつ、「丞さま、待ってました!」なのですよ。

なんつーきれいな高座……。
しかも全然嫌みがなくて、しっかり笑える。

ザ「古典落語」を聴いてみたい、という方、
歌舞伎やお能は見たことあるけど、落語はまだ未体験、というような方に
おすすめするとしたら、今なら、市馬さんと丞さまを、まず推しますね。。。

とにかく、所作がきれいで声が通って間もちょうど良くって聞きやすい。
身を委ねられる落語です。

次回も楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR