わさびすりおろしの刑、もとい、 会 in 岐阜市民文化センター

わさびすりおろし1-1
くるくる亭パーマン3号 目黒の秋刀魚

柳家わさび  ぞろぞろ

月亭遊方  戦え! サンダーマン

新作トーク

柳家わさび  西洋の丁稚 ぼたもち小僧

パーマン3号さんは、埼玉大学の落研だそうです。
季節外れなんだけどやりたかったのね、目黒の秋刀魚。
学生さんらしくって、いいと思います。

さて、「岐阜で生わさび」の初回に行かれなかったので、私は初の「生わさび」。
ひょうひょうとしてそうな、でも実は熱そうな……?
どっち行くのかな? っていう楽しみが、当分続きそうです。

遊方さん。
なるほど、一人の高座で「吉本新喜劇」をやっちゃうぞ! っていうパワー。
あとのトークを聴くと、いっそう面白さが分かりますね。

「西洋の丁稚 ぼたもち小僧」は、圓朝全集からだそうです。
落語体験の少ない人には、圓朝=大作、怪談、みたいなイメージが強いんでしょうけど、
実は短くてあはは、これで終わり? って噺もいっぱいあるんですよね。

古典、新作、復活。
彩りのある会でした。わさびすりおろし1
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR