喬太郎のラクゴ新世界 scene26  in 電気文化会館 5F イベントホール

ラクゴ新世界26

柳家 小太郎 「弥次郎」
柳家 喬太郎 「錦の舞衣 (上)」
仲入り
柳家 喬太郎 「錦の舞衣 (下)」

秘密結社っぽい空気の濃い(!)、この会。
次の予定がここで発表され、ほぼこの場で売り切れるので、お客様はほぼリピーターです。

小太郎さんの弥次郎。
この噺は、演者さんによってとても印象の変わる噺だと思います。
(以前、どなたかので眠ってしまったことがあります……ごめんなさい)
小太郎さんは、こういう「ナンセンス系」とでもいうべき噺、抜群に仁なんだな。。。
ぜんぶ知っているのに、なんであんなに面白いんだろう。。。

5/28に朝日神社で小太郎さんの独演会があります。
こちらも楽しみ。

さてさて、喬太郎さんです。
おっと圓朝だ。。。。!!!

踊りの師匠の坂東須賀、絵師の狩野毬信の物語。
もとネタは「トスカ」なんですね。。。

ものすごーく、「近代」の香りがする、と思ってしまう。
「刀が偽だった」ことに強い象徴性が与えられているあたりとか。
(板東須賀のりりしさは、むすめ歌舞伎の市川櫻香さんの踊りをイメージしつつ)
歌舞伎の岡本綺堂、真山青果、、、にも近い空気感。
江戸や現代とは明らかに違う、「近代」の空気なのでは、と想像します。

ほぼ笑いなしで、こういうのを演じきってしまう喬太郎さんの迫力に魅せられてしまいます。。。

この会の次回は7/17です。。。怪談とか、聞けたりするかしらん。。。楽しみ、楽しみ。




スポンサーサイト

テーマ : 落語・演芸
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR