オペレッタ 白馬亭にて in アートピアホール

白馬亭にて
近頃どうしても和物ばっかりになっており。
しかも、ここ10年くらいに至っては、落語率ががーんと上昇(しすぎ)。

三十代はもっぱら歌舞伎、
それより前は、ストレートプレイが多かったかな。。。
(平幹二朗さんが好きだった……合掌。
 白石加代子さんも大好き。。また観たいな)
あ、音楽のライブにはまっていたこともあります、白井貴子さんや
吉川晃司さんのライブ、楽しかったなぁ。。ドリカムの野外とか。
そういえば相方と最初にいっしょに行ったのは小沢健二さんだったかな。
たぶん最後のスタンディングはピチカートファイブ。
(もうスタンディングは無理です、、体力がない(>_<)
 Yesのときは座っててもよくてほっとした)

そんなこんなで、いわゆる西洋のミュージカルやオペラ、
ってのはどうしても縁遠くなりがちです。
バレエの方が、多少親しみが
(←山岸凉子先生や有吉京子先生から得ている知識ばっかりですけど)
あります、と言っても、まったく詳しくはなく。

昨年から貴重なご縁をいただいて、名古屋市文化振興事業団さんの主催公演に
行くようになりました。昨年はミュージカル「ミュージックマン」
そして今年はオペレッタ「白馬亭にて」。

ついていけるかしらん、と思いましたが、素人の私にはもうこのあたり、
ミュージカルとの区別がつかないくらい、ポップでわかりやすい、
楽しいお芝居でした。

ただ、慣れないのが「カーテンコール」。
ちょっと戸惑っちゃいます。
(基本、緞帳が下りると頭の中で追い出しの太鼓が鳴ってしまうのだ……)
和物には基本、ないですもんね。

吉川晃司さんの名古屋城の野外ライブで「アンコール!!」って絶叫していた
私は、もう遙か時の彼方です((~_~;)。
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR