(たぶん)若くなかった、若さま。

IMG00256.jpg

若との出会いは、2011年の十月。
広小路通りの、今はもうなくなっちゃった、前の丸善ビルの脇に、
うずくまっていたくちゃくちゃなもこもこに、魅入られてしまったのでした。

くちゃくちゃなもこもこは、すぐに純白の若さまになりました。

でもね、若の足は、完治はしなかったのよね。
複雑に折れていて、あるときは獣医さんから「切断も視野に入れておいて」
と言われ、乳母やは帰り道で泣きました……。
幸い、とってもゆっくりだったけど、切断はしなくてもだいじょうぶなほどに、
骨は回復して、元気になってくれた若。

ただ、その頃からすでに、腎臓も危険値だったのでした。

たぶん、どこかのご年配の猫好きの方に、大切に飼われていて、
何らかの事情で、そこにいられなくなったのでは、と我が家では推測しています。

我が家はきっと、隠居所として選んでもらえたのでしょう。

「姫」や「若」は通称で、別に「実名」があります。
姫たちの実名は、なにぶん姫ですので明かしておりませんが。
若の実名は「五郎太」さまと申し上げました。
尾張藩の由緒ただしいお世継ぎのご幼名を、いただいたのです。
乳母やがその頃からどうしても、尾張のお殿様のお話を書きたいと思っていたのと、
名古屋一の繁華街で道に迷っていた真っ白の毛並み、オッドアイの神秘的なまなざしとくれば、
そりゃあ猫界の尾張のご当主に違いないじゃないですか(←飼い主ばか炸裂、ご容赦ください)。

乳母やがどうしても書きたいお殿様ご自身のご幼名は、
「秀之助」さまでしたが(ご養子さまでしたので)、
「五郎太」さまのお名前はやはり特別だったのでしょうね、
尾張徳川の二十代ご当主さまは、この名をお持ちでした。

彼岸へ行かれた頃には、真っ白の雪が降っておりましたが、
今頃はきっと極楽であたたかくおすごしでしょう。
blog_import_4f5ebdbd76517.jpeg
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR