ちっちゃくない、ちい姫。

あずさ2017.1.31
ちい姫は、大姫よりかなり大柄です。
体重も1kg以上差があります。

3年ほど前。
どこかのブリーダーさんが、繁殖させた あめしょさん や すこちゃんを、
たくさん置き去りにしていなくなった(?)、という事件があったのでした。。。
ちい姫は、その中の、生き残り。
足や目に障害を持った仲間が大勢いましたね。。。

不思議なもので、猫好きのみなさんの性なのか、障害のある子の方が、
早々と次々と、お輿入れ先が決まっていたようでした。

なんの障害もなく、でも、特に人なつこくもなかった(その当時)ちい姫は、
仮住まい(シェルターさん)にいっしょに身を寄せた仲間が次々にいなくなる中、
なかなか行く末が決まらないまま、おっとりとぼんやりと立ち後れて
過ごしていたような印象を、私は持ちました。

若が予想以上に早く彼岸へ行ってしまい、寂しい思いをしていた我が家は、
そのおっとり、ぼんやりぶりを、いささか神経質なところのある大姫との相性が
いい姫さまかもしれない、と考えて、お迎えに上がったのです。

たぶん、それは間違っていなかったんじゃないかと思います。
ね?

来たばかりの頃は、おっとりのわりには、
ごはんだけはがつがつ急いで食べるなど、
集団の中できっとつらい思いをしてきたのかな、と想像される
行動も多かったのですが、近頃ではすっかりおっとり、ぼんやり
の本領発揮。

時々大姫から「!(`へ´)」とされつつも、
マイペースマイペースの、ちい姫です。

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR