桂九雀 独演会 考古学落語を楽しむ in 名古屋市博物館

九雀

桂九雀 縄文さん/埴輪盗人
                   ~仲入り
     真田小僧

毎日落語会は、プログラムがなかなか凝ってます。前回の忠臣蔵では資料が充実してましたし。
それに、このお席亭の達筆。うらやましい。
「真田小僧」だけ私が書きましたが……なんだこの子どもみたいな字は……(>_<)。

さてさて、博物館にて、考古学と落語! のコラボ。
さすが、2席ともよくできた噺でした。

真田小僧、今年の大河のおかげで、フルバージョンでかける人が増えたのではないでしょうか。
もっとも、さすがにTVの大河では、「薩摩に落ちる」は採用されてませんでしたね。

九雀さん、これまであまり聴く機会がなかったのですが、
とても穏やかで聴きやすい、優しい上方落語です。
(上方でわりとえぐってくるタイプの人は私、いささか苦手で……)
また機会があるといいな、


スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR