討ち入りの夜に~露の新治 桃月庵白酒 二人会 in 今池ガスホール

討ち入り落語

露の新幸 東の旅 発端 煮売屋

露の新治 狼講釈

桃月庵白酒 四段目
             ~お仲入り
桃月庵白酒 だくだく

露の新治 中村仲蔵

新治さん。以前、鈴本で高座をうかがって
「うわあ、まだ知らない上方落語でこんな素敵な人がいたなんて!」と
思ったのでした。いつか名古屋に……と心待ちにしておりまして、
今回の顔合わせ。白酒さんとの二人会なんて、素敵すぎる。

新幸さん、上方の前座らしい風情。
リズムが心地良いですね。

白酒さんの、あくまで「抜け」感に徹した2席と、
新治さんの笑いと情けの極上ブレンドの2席。
いやぁ、、、、討ち入りの夜は、やっぱりこうでなくっちゃ!!!!

口跡の良さ、所作の美しさ、品の良い自在な上方言葉……。
新治さん、すっかりファンになりました。
またぜひ名古屋へおいでください!!




スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR