柳家権太楼 独演会 in 今池ガスホール

権太楼
さん光 新聞記事

権太楼 子別れ
          ~仲入り
燕 弥 だくだく

権太楼 疝気の虫

じっくりたっぷり落語を聴いたぞ! という充実感にあふれた会。

さん光さん、来年お船乗るのですね、、。
船旅には正直いまのところ、あまり興味がないのですが、
落語家さんが同乗する舟になら乗ってみたいな。

燕弥さん、ぜひもっと名古屋に来ていただきたい落語家さんです。
だくだくは岐阜の会でも聞きましたけど、ばかな趣向にばかな泥棒さんが
ノって、さらに……な本当におばかな展開が、大好きです。

さて、権太楼さん。
子別れは、分けてなさる方が多いですが、絶妙な編集で通し。
涙と笑いの配分がお見事すぎて、本当に良い物見たな、聞いたな、、と。

で、最後は疝気の虫!! 面白すぎてどうなることかと(笑)。
虫と旦那は、つながっていたんですね。
ちんとととんのぱっぱっぱ! が、
しばらく頭から離れなくなりそうでした。

お席亭、はじめ亭しげたさんのブログはこちら 
年末の一之輔さん、年明け2月の白酒さん、いずれも楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR