オワリのジョー 古今亭菊之丞 独演会 in 西文化小劇場 +α

オワリのジョー

柳家あお馬 薬罐

古今亭菊之丞 茶の湯
               ~仲入り
菊之丞 三味線栗毛

あお馬さんは、小せんさんのお弟子さん。
落ち着いてますね-。前座さんが安心して聴けると、ほっとします。
またぜひ名古屋へおいでください。

菊之丞さん。
いいなぁ。。
所作がね、とにかく絵になる方であります。
もちろん、声もいいですよ。

三味線栗毛。
錦木検校が出てくると、私的にうれしかったりします。
菊之丞さんの品の良いお殿様、うるわし、うるわし。
(「たらふくつるてん」の「オチ」は、錦木検校から
 ひねり出したので、思い入れが)

次回(5/21(日))は大須演芸場に戻れるようです。
楽しみ、楽しみ。

**
この日は、落語会のあと、ちょっと緊張気味で、とある場所へ。

なんと、いちばん最初に教員として教壇に立った学校の卒業生さんから、
「同期が何人か集まるので、良かったら」とお声をかけていただいたのでした。

あれから、25年。
みんな、良い大人になりましたねー。
こちらの方が恥ずかしいような。

うれしくなりました。




スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR