長者町で その1

もう11月になってしまいましたが。

10月には毎年、楽しみにしているお祭りが二つ。
一つは大須の大道町人祭ですが、今年は都合が悪くて行かれず(>_<)。
大駱駝艦の金色の舞踏を見ないと何か一つ損した気分になります。。。
ぜひ、来年は。

もう一つは、長者町ゑびす祭り。
ここで、毎年はきものを買うのが楽しみ。
好きな台と鼻緒を選んで、ご店主にその場ですげてもらいます。
下駄の荒井さんその2 下駄の荒井さんその1
シャイだけど気さくなご主人。大坂の住之江区にある「荒井はきもの店」さん(こちら)です。
行く前は「今年はオーソドックスな草履にしようかな」と思っていたはずなのに、
出ている品物を見ているとついつい、攻めたくなってしまい……(笑)。

今年は 下駄の荒井さんその3
単独で見ると派手ですが、履いてしまうと案外、小紋でも紬でも馴染む。
正解 ( ̄∇ ̄)! って自画自賛。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR