「とはずがたり」の世界 第二回 in 安城市明祥公民館

安城市さんとは、もうずいぶん長いおつきあい。
古典講座として取り上げさせていただいた作品や素材も、多岐にわたっております。
今年度の秋は、「とはずがたり」。
いろんな意味で、女流日記の最高峰だと、私は思っています。
「上皇の美姫から、流浪の尼へ」――面白いと思うのですが、どうでしょう……。
この面白さを、どれだけ伝えられるか。
私の力が、試されているのかな。

会った記憶もない実母の日記を、読み進める娘……。
「奥山景布子」としての「とはずがたり」の解釈、凝縮してみました。
恋衣 とはずがたり
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR