復興支援 市馬・文治 二人会 in 県芸小ホール

市馬 文治

柳亭市坊 道灌

柳亭市馬 目黒のさんま

桂文治 源平盛衰記
               ~仲入り
文 治 平林

市 馬 掛け取り美智也

市坊さんは岐阜出身、愛知大学卒だそうです。
最初とっても緊張してたようですが、落ち着いてきたら聞きやすくて。
まだ見習いさん(!!)とのこと(前座が多すぎて、定員があくまでは見習いなんですって)。
またご縁がありそうですね。

目黒のさんま、来た来た、秋だねえ。。。
市馬さんのお武家さんは、ご立派で鷹揚で、こういう噺にぴったり。
イイ気分で聴けます。

市馬さんから「声が大きすぎる」と言われた文治さん。
盛衰記の、脱線から本線(?)に戻るところがなんともおかしい。
中入り後の平林、
「四つ覚えられるのになんで一つが覚えられないんだ。この落語無理がある……」
って、自己言及が、大爆笑。

そしてそして、さあて来ました! 掛け取り美智也。
思わず客席でガッツポーズしてしまう。
「♫うれしがらせーてー。ぜーにはない」なんて。
美声をいっぱい聴いて、おおらかに笑って。

最後は、復興を願って三本締め。大分出身のお二人です。
熊本も大分も、ぜひ、ちゃんと観光に、行きたいな。 
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR