! 中山義秀賞 最終候補~たらふくつるてん~

なんと、さきほど、担当編集者さんから連絡がありまして、
拙作「たらふくつるてん」、中山義秀賞の候補になったそうです!!
ありがとうございます。

たらふくつるてん
DSC_0296.jpg

候補作は全3作で、他の2作は、
・朝井まかてさん『眩』(新潮社)
・門井慶喜さん『家康、江戸を建てる』(祥伝社)

とのこと。
(……っとここで腰が引ける自分が情けない、、、)

中山義秀賞ってね、時代物の書き手なら、みんな憧れる(たぶん)
賞だと思うんです、、もちろん私も、ずーーと仰ぎ見てきましたよ!!!

うれしいっ!!!

選考は2016年11月13日(日)。
ここの選考会は、なんと、公開!!!
その場に行きたいような、こわいような。。。
ともかくも、いろんな人に感謝申し上げます。

帯のコメントをどうしても喬太郎さんにもらってほしいと
編集者さんにだだをこねていたのがもう一年以上前。。。

さて、気を引き締めて、今書いている作品を仕上げないと、ね。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR