説明力。。。

「なんでもっとちゃんと説明してくれないかな。。。。゚(゚´Д`゚)゚。」
「なんでもっとこっちの話をちゃんと聞いてくれなかったのかな(;_;)」
「そういう手続きだって聞かされてないですよ???」
……などと思うことがこの頃いくつかあり。。。。
怒りやら不安やら忍耐やらの果てに。
なんとか、気持ちを落ち着ける。。。。

私、たぶん、人にものを説明するのは、わりと上手な方なのではないか、と。
この点には、いささか、自負が。
(ただのうぬぼれかも知れませんが)

まだつとめていた頃、新入生に「単位の取り方」&「時間割の組み方」を
説明する仕事を、誰か必ず教員がするわけですが、、、
「先生が担当したときは、学生のミスが断然少ないですよ」
とおだてられて、いい気になってたこともあったなぁ、そう言えば。

専門用語や業界用語、学会用語、ローカルルールを、
説明抜きでいきなり使わない、とか、
できるだけ、時系列を一直線にして説明する、とか。
(それがローカルルールだってこと自体を分かっていない人もいるので、
 そのあたりも、気をつけなきゃいけないことでしたね、、、、
 大学の新入生同士って、ある意味出身高校ごとのローカルルール
 がぶつかってディスコミになっていたりして、
 それをほぐしてあげなきゃいけない場合もあったり、とか)

今思うと、ずいぶん鍛えられました、ね。大学教員。
みらい文庫のお仕事とか、講座講師のお仕事とかには、
けっこう反映されているのかな?
歴史小説だって、ある意味、説明は大事ですもんね。。。。もっと磨こう、この技は。

めざせ!! 古典と歴史の池上彰! なんてね。
(ちょっと大きく、出てみました(#^.^#)
上下ツーショット乳母や、ぶつぶつ言ってないで、早くご飯!
はい、承りました。

姫さまたちとは、言葉がなくても、わかりあえてそうな、気がします。。。。(違う?)

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR