お酒日誌7/7

室礼2 室礼1

先日お伺いした先生の室礼。。。
別世界な気分になります。

さて、夏になると、どうしてもビールを飲むj機会が増えます。
と、言いつつ、けっこう好きなのが、「角瓶をびんごと冷凍室へ入れておく」。

ハイボールにももちろん、これだと、
ストレートがけっこういけるのです(邪道って言われそうですね)。

まわた7/8乳母やもせめてお花くらい買ってらっしゃい。
はい、そうですね。。気分、変えましょう・・・。
(お向かいの工事の騒音がすごくってね。。このところ
 乳母やは頭痛に悩まされております、、因果関係なんて、
 説明できないけども。。窓を開けるのは当分あきらめよう。
 鍼でも行ってみようかしらん。。。)

晴れるといいな、って思う一方で、首都圏は水不足? とか。
雨乞いには、小町か、和泉か。。。

むかーし、とある和歌研究の先生に「なぜ彼女たちが雨乞い女か?」
という問題をだされたことがあります。。。
答えは「(恋多き女は)泣くからだよ……」って。
なるほど。水を発生させる能力が高いわけだ。。。。

さて。今日も、泣いてはならぬ男たちの物語を、
こつこつ、書いていくことにしましょうか。。。
(でもきっと、心の中では泣いていらしたのだろうな。
 と思いつつ。)
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR