岐阜でこはるんバ11 in じゅうろくプラザ

こはる色紙

鵜飼家つきみ 堪忍袋

立川こはる  道灌
                  ~ 仲入り
 こはる   馬のす/百川

つきみさんは岐阜大の落研。院生とのこと。
なるほど、落ち着いてる。ご専門は何かな?
落語を趣味(特技)にしつつ送る院生生活って、なんだかいいな。

さて、こはるさん。
なんだか週刊誌に先日来のことなど書かれたようですが。。。
ま、それもこれもひっくるめて、こはるさんの落語になっていくんでしょうね。

そんなことやら、博多での楽しそうな先輩たちとのエピソードやら、
マクラも滑らかに。

どの咄も、のびのびと聴けて、楽しい会でした。
……取材するんなら、ちゃんと会にくればいいのにね、どこの記者さんでしょう、、。

ご縁があったのか、抽選会で色紙が一枚、私のもとへ。
ありがとうございます。

次回こはるんバは、8/7だそうです。

**そうそう、お客席のみなさま、携帯の電源は、仲入り後も忘れずに切りましょう。
   よりによって「鞍馬」の着信音(談春さんの出囃子)が鳴るなんて、
   何かの仕掛けかと思っちゃいました(笑)。


 
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR