夏のイベント、決まりました。

7/1チラシ2
古川美術館 別館 為三郎記念館 夜間特別開館 文学と落語の夕べ
「幽霊は美人に限る?!~爲三郎記念館で味わう、お岩・お菊・お露の物語」
夏の夜、小説家・奥山景布子のお話と桂弥太郎の落語で、
三大怪談(四谷怪談(お岩)、皿屋敷(お菊)、牡丹灯籠(お露))をお楽しみ下さい。

日 時 : 7月1日(金)受付開始17:30  開演18:30  終演・閉館20:00
場 所 : 爲三郎記念館 
内 容 : 第一部 文学講座 小説家・奥山景布子(文学博士)
       第二部 落  語 落語家・桂弥太郎
      ※落語の演目は当日のお楽しみです!!
参加費 : 2,500円(展覧会チケット付・呈茶付)
       パスポート会員2,000円(呈茶付)

記念館の夏の風情は、まさに、怪談を楽しむにはうってつけ!
今年は桂弥太郎さんにおいでいただきます。

詳しくは古川美術館(電話:052-763-1991)まで、お問い合わせください。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR