第九回 春風亭一之輔ひとり会 in 県芸小ホール



入船亭辰のこ 十徳

春風亭一之輔 明烏
             ~仲入り
一之輔  三軒長屋

辰のこさん、一度聴いたら忘れない名前ですね。。
聞きやすいお声。

この会では、一之輔さんがマクラで必ず「お席亭いじり」を。
愛されてます、しげたさん。お客様ももうわかってて、
「今日はなにかな?」って。
失敗がこんなふうに披露されるのって、ご人徳だと思う。

明烏、それぞれのキャラがばっちり立ってます。
やっぱり、甘納豆なんだな。。。

三軒長屋。これは、鳶とお武家、双方、
それぞれの「うるささ」が楽しい。
この真ん中にはこのお妾さんならずとも、とても住めない(笑)わけですが、
こういう、冷静に考えると被害と加害の関係はどーなのよ?
と思うような咄を、ぽんぽんと運んでわーっと愉快に聴かせてくれるのは、
さすが、さすが。

もう次も決まっているんだ!
はじめ亭さん、頼りにしてます。

**昨日、この記事をアップしようとしていたら、
PCがトラブルに。
Windows10は、やっぱやめといた方が、、?
みなさーん、お困りのときは、一度「以前のビルドに戻す」
をお試しを。私はそれで復帰しました。

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR