桂南天の落語を聴く会 in 栄能楽堂

DSC_0678.jpg
桂南天 秘伝書/桜宮
               ~
     茶の湯

ブログの更新、滞っておりました。
これは、先週末の落語会。

栄能楽堂、はじめて行きました。
ほう! って。

和のお稽古事の拠点のひとつになっているみたい。

南天さん、いいですね。
りらっくごではおなじみですが、独演会ははじめてでした。
こってり関西味、なんだけど、すっきり、
ってなんだかへたくそな食レポみたいな表現ですが。。。

(あ、でも食レポで関西味っていうときは、
 たいてい薄味なのか、、、落語はむしろ、
関西味は「濃い味」だと思うんですけど、いかがでしょう)

2席目は「桜宮と花筏と、拍手の多い方をやります」と。
こんな演目の出し方も、楽しいです。
桜の宮は、江戸だと花見の仇討ちですが、
ちょっとずつ段取りや役割が違っていて、興味深い。

茶の湯、表千家と裏千家の違いはそこか! で大爆笑。
人物が、表情豊かです。

マクラで大先輩の騒動を遠慮無くいじっちゃうあたりも、秀逸でした。

次回もすでにお決まりのよう
……だけど、アスターさんの頁にまだ上がってませんね。
7月だそうです。
また伺いましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR