お酒日誌3/24+「ツレがウツになりまして」

DSC_0658.jpg姉上は何をしているの?
箱があったらとりあえず中を確かめるのよ!

軽井沢高原ビール

デ・ボルトリ シャルドネ

ザ・ブラックグラウス ロック

黒糖焼酎 里の曙 お湯割り

余り詳しくないのですが、いろんな映像サービスが増えたようで、格安で、
家にいながらにして、見逃してたあんな映画やこんなTVがいっぱい見られる……。
うれしいのだけど、作った人たちの報酬は保証されているのかな? ってのだけ、
ちょっと気になる。。自分も一応「作り手」の側に身を置いているから。。。

と言いつつ、このところ毎日のように「孤独のグルメ」やら、「仮面の忍者赤影」やら、
「仮面ライダーblack」やらを絵付きBGMみたいに流して仕事しています。

で、昨夜はたまたま「ツレがウツになりまして」を。
これは、さすがに、BGMにはならない。。。見入ってしまいました。

身につまされて……ってやつです。
うちの場合は、ウツになったのは、相方ではなく、私の方でしたけど、
まあその前に相方も睡眠障害になったりしていましたし……。

退職の決断のしんどさ、とか、まわりの雑音(騒音に近い)とか。
ウツに至る過程、最中って、本当に「申し訳ない」としか言えないような、
めちゃくちゃなふるまいをこちらもしでかしているので、
いろいろ言われても仕方ないところもあるんですよね。
相手がそう言うのも、今思えば無理ない、分かる分かる。なんです。

退職するって旧知の友人につい漏らしたとき、「で、どうする気?」と言われ、
「小説を書く」と言ったら、すごい馬鹿にする+哀れむような顔をされたこととか、
とある習い事の先生に精神科で薬を処方されていることを知られたとき、
「そんなもの、すぐ飲むのやめなさい、体に悪い」って血相変えて言われたこと
(そんなことしたらとっても危険危険、危ないです、ウツとかの薬って、
 とてもデリケートで、人によって合う合わないがさまざま、
 医師に相談しないで勝手にやめるのは厳禁です)とかは、
今でも忘れないです。。。

今となっては信じられないことですが、活字を読むのが死ぬほどいやに
なった時期もありました。別人格みたいになってたのかも。
相方は、さぞたいへんだったでしょう。(申し訳ないm(__)m)
思えば小説は、私にとって最大のリハビリだったのだなー。
(薬を飲まなくなったのは、新人賞いただいてから半年後くらいだったな、かな?)

が、職業として続けていると、これはこれで、「ああ、またヤバイ」
という気分になることも多々あります。
フリーランスの仕事って、不安も大きいですし。

あいかわらず書くことは好きです、一日中PCとにらめっこの暮らしでも、
おいしい夕飯とお酒があれば、だいじょうぶ。
が、人付き合いとか……ね。
決めた!! 無理はしない。できないことは、できない。
苦手な人と無理してつきあったり、苦手な場所に無理して行ったりするの、
やっぱりよそう。ウツだったことを、なかったことにしてはいけない。
私は自分で思っているほど、強くない。って、ウツは教えてくれたのだから。

この頃ちょっとそういう方面、無理しがちなところがあったので、
良い反省になりました。

しかし、堺雅人さん。あらためてすごいなー。
とても、真田信繁と同じ人には、見えませんでした……。

さて、今日も、二人と二匹、「あ・と・で」を守って、
おだやかに、がんばらないで、いきましょう。



スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR