小三治 三三 親子会 in 中日劇場



小かじ 狸札

三三 花見の仇討ち
              ~仲入り
小三治 船徳

一杯のお客様。。。
小かじさん、聞きやすいですね。
以前に、鈴本でお姿だけ見ましたが、聴くのは始めてでした。

花見の仇討ち、おっと、三連発(笑)。
でも、ぜーんぜん、いいんです。さすが、古典落語。

船徳。
この話は江戸なのかな? って聴いていると、実は明治かな? って。
こうもり傘が出てきたり、お客様の風情が、明治っぽいのです。
演者さんによっては、ここの二人の会話が、さらに近代の文人さんふう?
なこともあって、興味深いことがあります。

中日劇場、かなり時代がついてきてますが。。
ここも工事に入ったり、するのかしらん。
名鉄ホールも厚生年金会館もなくなってしまった今、
御園座が再開するまでは、ここにもちこたえてほしいですね。



スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR