落語会、3つ。


こちらは、「りらっくご」でいただいたお土産。南天さん、紅雀さんのお顔入りです。

さてさて、先週末は落語の多い幸せなタイミングでございまして、
ブログが追いつかないほど。
順番に。

DSC_0587.jpg
まずは、柳家喬太郎・立川談笑 二人会 in 西文化小劇場。

立川笑坊 真田小僧

立川談笑 時蕎麦/イラサリマケー
                        ~仲入り
柳家小太郎 鷺とり

柳家喬太郎 稲葉さんの大冒険

談笑さん、さすがにアレは、やんないのね。
きっと東京でやりつくしたんだろうな。。
イラサリマケーも、ぎりぎりの、面白さです(笑)。

小太郎さん、いいな。ネタの選び方がとっても好きです。

喬太郎さん、いなばさん!!! きたー!!。
抜群の出来の良い、ショートショートみたいな、でもやっぱり落語ならではの展開。

会場、いっぱいの熱気でございました。

さて、次は。DSC_0591.jpg 喬太郎 小せん 二人会 in じゅうろくプラザ

こう立て続けに喬太郎さんが聞けるなんて、なんて幸せなんでしょう!!

童亭独歩 色事根問

柳家小せん 紋三郎稲荷

柳家喬太郎 へっつい幽霊
                  ~仲入り
フリートーク

喬太郎 頓馬の使者(山田洋次作)

小せん ガーコン

独歩さんは、学生落語界のスター。開演前の緊張ぶりが、いいですね。
(楽屋をのぞいちゃったおばさんなのでした……)
さて、進路はどうするのかな? 気になる、気になる……。

あとは、ぜいたくな四席。
落語きいたぞーーーーっていう気分のがっつり三席に、
トークもついて、お得です。そしてそして。トリは
きたー!!!!! ガーコン。
小せんさんのこの岐阜での会、さてさて、いつガーコンが登場するかと
楽しみにしてましたが、いよいよ来たか!!!
端正な落語ぶりと、ガーコンの弾けっぷりのギャップが、
とっても良いです。それにしても、唄がうますぎる……。
川柳さんのとはまた違う味わいのガーコン。
まだ聞いていない方は、もったいないですよー。

さてさて、さらに、お次はこちらDSC_0590.jpg りらっくご。

笑福亭呂好 みかん屋

桂 紅雀 天狗裁き

桂 南天 火焔太鼓
              ~仲入り
トーク

三者三様、楽しい、若々しい会です。
火焔太鼓は、南光さんが上方版になさったらしい。
このネタは、よく知られていますけど、実はあまり実演には出会えないネタので、
うれしく聞きました。

紅雀さんと南天さん、いずれも名古屋の栄能楽堂で独演会がある由。
主催はアスターさん(HPはこちら。。)

会場で寄席文字の橘右太治師匠にご挨拶をしましたら、お年賀をちょうだいしました。
DSC_0589.jpg写真がへたですが、
今年の手ぬぐいは、柄も色も、粋で渋い感じ。ありがとうございます。

りらっくご、次回は7/10。20会を迎えるそうです。
ことりさん、頭が下がる。(ブログはこちら。

それから、せいしょう亭さん主催の落語会情報はDSC_0592.jpgこちら。

さあて。しっかり遊んだので、
しっかり仕事をいたしましょう。





スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR