脚本を書きました(まだ進行形)。

「始まった!」DSC_0533.jpg DSC_0534.jpg
姫たちも岩合さんのファン?! です。 特に、大姫は。

さて、昨夏、思いもよらない依頼をいただいて、
舞台の脚本というのを、はじめて書かせていただきました。

歌や踊りも入るものということで、ダンスsceneの設定とか、
歌の歌詞とか、これまでやったことのないことも、やってみたり。

どうにか最後まで書き上げて、プロデューサーさんのもとへ。
これから、演出家さんや作曲家さんの手に、順番にわたっていくなかで、
さらに改訂を進めて行く予定です。

そこから、オーディション、キャスティング、稽古……と、
実際に上演されるまでには、かなりの時間と、大勢の方のご尽力をいただく由。
(二年がかり? とうかがってます、とても丁寧に作ってくださるようです)

ここできちんとした詳細をご報告できるまでには、まだまだ時間が
かかりますが、いずれ、良い報告ができたらと、思います。

それにしても、歌詞って、あんなので、良かったのかなぁ……?
どうしても、都々逸なイメージしかできない、私です。。。。。(´ー`)
あ、時代劇ですよ、もちろん。(^_^)v。
(舞台は戦国時代です)
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR