安城市中央図書館 講演「自著を語る」 目次公開いたします。

12/13、安城市中央図書館(こちら)でお話させていただきます。
DSC_0490.jpg 資料、こんな感じ。

安城市中央図書館講演会 自著を語る2         
平成27年12月13日(日)14時~16時

能・歌舞伎・落語~時代小説の書き手が自著を通して語る、伝統芸能の魅力と魔力

0、イントロダクション~奥山景布子って、誰?
 0―a、活動一覧
 0―b、作品のテーマと素材

1、奥山流「書くための、長い長い助走」と、「書いてからの、冷や水」
 1―a、素材はどこで見つか(け)るのか
 1―b、取材・構想・キャスティング
 1―c、年表に始まり年表に終わる

2、年表で見る奥山景布子と伝統芸能~本当は板の上に乗りたかった?!~
 2―a、始まりは、工場のダンボール箱の中
 2―b、あきらめた二つのこと
 2―c、「旦那」になりたい!~「作家」としての野望

スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR