三喬・小せん 二人会 in じゅうろくプラザ & 長者町ゑびす祭り

DSC_0457.jpg
道楽亭栗鈴 狸賽

柳家小せん 欠伸指南

笑福亭三喬 仏師屋盗人
                ~仲入り
笑福亭三喬 てれすこ

柳家小せん 御神酒徳利

栗鈴さん。夏のてんしき杯の、第四位。京都大学の落研部員さん。
キャラがとってもいいです。声も聞きやすいし。

三喬さん。刑務所のマクラとか、盗人が似合うとか、「無骨」なキャラを看板になさってますけど、
実は高座内容、とってもお洒落。あー、こういうのが、上方の粋(すい)ってやつですね?! と
手を打ちたくなるような。洗練されてる、計算されてる。かっこいいです。
てれすこ、ライブでは始めて聴きました。盗人の似合う人は、お奉行様のはまる人でもあったのです。

小せんさん。喉の調子が万全ではないようにお見受けしましたが、
落語はばっちり。欠伸指南は断然雰囲気ですし。
御神酒徳利、マクラでの微妙な「迷い」やら「思案」やらも含めて、
魅力的でした。
「おとぎばなし」のめでたさ、軽さで、ああ、落語界はそろそろ年の暮れシーズン
に入ってるな、って、仕合わせな気分になりました。

この日の持ち物は、新しい籠。DSC_0455.jpg こんな凝った、「お手間いり」の作です。DSC_0456.jpg
興味のある方はここをのぞいてみてください。
DSC_0453.jpg 一夜明けて、長者町ゑびす祭り。
下駄屋さんの「荒井」さんを探して歩く。。。。。と、今年もご出店がありました。
元気が出るように、赤色の入ったしころの台に、ぴったりの猫柄の鼻緒。
決まりです!(*^_^*)
DSC_0454.jpg こっちは、相方の。
最近渋好み? あ、でもそんなに実は地味じゃないかも。。。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR