落語教育委員会 in 中電ホール

コント「ケータイ電源切ろう」 あくび指南編

三遊亭歌むい 手紙無筆

柳 家喜多八 もぐら泥
                ~仲入り
三遊亭歌武蔵 花筏

柳 家喬太郎 錦の袈裟

コント。なかなか、手が込んでます。面白すぎて、かえって電源切るの、忘れそう。

喜多八さんの足が痛そう、お気の毒……と思ったのに、噺に入ったら、すっかり忘れてる。
さすがです。

歌武蔵さんの花筏。そりゃぁ、「はまり」でしょ、これ。

喬太郎さんの錦の袈裟。
喬太郎さんの女性って、なんでこんなに「不思議なリアリティ」なんだろう。。
微妙に定型からちょっとハズしたところに、まるで3Dのように立ち上がる、町屋の
お内儀さんや、女郎。いるよきっとこういう女、って思うのでした。

名古屋の落語会の定番、アスターミュージックさんの落語会情報はこちら 
いろいろ、たくさん、ありますよ。

    
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR