お酒日誌10/15&「すし」のはなし。

水曜日のねこ

シメイブルー


ノッカンドウ トゥワィスアップで。

到来もののトラピストビールににんまり。

……と言いつつ。

当たり前ですが、ネットって楽しいこともあればヤなことも。
一面識もない人に、強烈に不愉快! を感じてしまうこともあります。。。
まして、相手がどうやら善意のつもりらしいと、よけいに。

で、そんなことに不愉快と思ってしまう自分の度量の小ささに呆れるわけです(´ー`)
分かってくれる人は、分かってくれてるよ。。。ちゃんと。
ね。

まあでも、ちっちぇー自分ついでに、言い訳書いておこうかな。

**「すし(鮨)」って、正倉院文書にも、今昔物語集にも沙石集にも出てくるんですよー。
  もちろん、今風のにぎり寿司とは違います、近江や北陸の、ふなずしとかなれずしとかが、
  今も伝わってますよね。文献を見る限り、あの方が近いと思います。押し寿司です。
  この場合、お米の粒は主食じゃなくて、むしろつけもの? 酒のつまみ? と思いますが。
  (発酵していてすごーくおいしいですよね(*^_^*) 好き嫌いありそうですが)
  元禄時代の話書いてるんだから、こっちに決まってるでしょうが。
  「聞きなさいよ! あたしには知らないことなんて、ないんだから(`へ´)!」
  って、吉田羊さんふうに、がんばってみようか……。(むりむり(笑´∀`)
  (吉田羊さんだって、ためいきついてるものね)

気にしない、気にしない。
呪文のように唱えて、今日のノルマ(!?)を達成しよう。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR