三三と左龍の会 in 県芸小ホール

DSC_0377.jpg

柳家三三・柳亭左龍 トーク

柳亭市楽 四段目

左 龍  粗忽長屋

三 三  蒟蒻問答
              ~仲入り
三 三  加賀千代

左 龍  三方一両損

なんだか得した気分になった会。

トークはいつもながら楽しいです。中身は……ナイショだよね。
大好きだけど尊敬しないって(笑)。

市楽さん、ひさしぶり。市楽さん自身が、きっとお芝居好きなんだろうな、って、思わせてくれる感じ。

左龍さんの粗忽長屋。こういう「男二人キャラメイン」の左龍さん、描き分けで、とっても楽しませていただけます。
「東京音頭」は、リクエストなのでしょうか……?

三三さんは蒟蒻問答。粗忽長屋と蒟蒻問答って、どっちもかなり好きな噺の中の一つ。「いろは」のお経で、私自分の名前が出てきて、ひとりで勝手ににやにや。(←ばかです、すみません)

加賀千代。他愛なくて、可愛くて。

三方一両損。左龍さんの「顔芸」に楽しく圧倒されました。
こちらは、男二人メインキャラに加えて、両方の大家さんも、めちゃめちゃ良い味出してます。
みんなして、おばかさんの愛すべき江戸っ子なんだな。
お奉行様はきっとどっかで「ひらめいた」んでしょうね。

左龍さんは、「たらふくつるてん」にもご出演いただきます。
私がどうしても喬太郎さんと左龍さんとのツーショットを生で見たい、という
(ちゃんと、訳があるのですよ……でも今はナイショ)わがままが、
届いた形の落語会です。

「たらふくつるてん出版記念落語会」、そろそろ指定席の残り、少なくなってきました。
お急ぎください。

緊急告知!!!
10/12、奥山がゲストとして出させていただく、
ジュンク堂書店 ロフト名古屋店さまでのイベント
 「『長篠の四人 信長の難題』刊行記念 鈴木輝一郎出張小説講座with奥山景布子
『金ヶ崎・姉川・長篠 信長の決断・家康の忍耐』歴史小説はこう書く!」

(詳細はこちら
の際、私、残り少ない貴重な指定席を限定3枚だけ、持参いたします。
イベントにご出席の方で、ご希望の方には、即売いたしますので、
お声をおかけください。
合い言葉「たらふくつるてん」です。
(*購入希望が3枚を越えた場合は、拙著「たらふくつるてん」をお買い上げの方を優先します、ご了承のほど)
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR