立川生志独演会 in シネマスコーレ

名古屋で生志さんの会というと、玉寿司さんでの「ひとりブタ」シリーズですが、今回は「スコーレ寄席」。

「悋気の独楽」
「短命」
 仲入り
「唐茄子屋政談」

立川流らしい(?!)、けっこうブラックでキツイ枕とくすぐりが、全然嫌みでない生志さん。開演前に並んでいたお客さんたちににこにこと挨拶をして楽屋へ入られる、あのなんともホンワカした空気に象徴される、お人柄のなせる業なんでしょうね(立川流ハト派、とはご本人の弁)。

もちろん、あちこちにこだわりもくさん感じさせる、いずれも隅々まで神経の行き届いた噺ばかりです。

しっかり笑わせ、聴かせていただいた3席でした。

ここ数日、いきなり暑くなってきた名古屋で、「唐茄子屋」。いいですね。

七月にはひとりブタもあるようです(24日、玉寿司さん)。
この日は他に予定があるよ~残念。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR