「文楽」を聴く  in 名古屋芸術創造センター

DSC_0212.jpg すごい会でございました!!!!!!!
月並みな表現ばかりで恐縮ですが。DSC_0213.jpg

鳥肌が立つ、とか、息を止めて聴き入る、とか、
涙が出そうになる、とか。。。。
そういう瞬間を、いくつも体験しました。
濃厚な時間。
演者さんたちの呼吸が、会場全体を覆っていく、
その迫力!!!

虫鹿先生、お疲れ様でした。
私なぞにいろいろお声かけをいただいて、本当にありがとうございます。
「卒業論文だ」なんておっしゃってましたけど。
これが卒論なら、修論や博論はどうなっちゃうんだよ、と思った次第です。

うーん。
自分で三味線を弾くのがもうつくづく嫌になっちゃうくらい、ではありましたが。
(だってまるで別の楽器みたいでしたよ?)
でもね、三味線、弾こう、三味線。唄おう、唄。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR