柳家燕弥 真打昇進披露落語会 in 岐阜市文化センター +α

柳家さん光 狸札 

柳家我太楼 長短

三遊亭歌武蔵 大相撲徒然(勝手に名付けました、師匠ごめんなさい、お相撲についての楽しいお話です)
→「支度部屋外伝」が正しいそうです。ご教示ありがとうございます。
柳家権太楼 猫の災難
              ~仲入り
口上

柳家小菊 粋曲

柳家燕弥 竹の水仙

右太楼 改メ 燕弥さんの真打披露興行です。
めでたいな~ってのと、こういう会が岐阜であって良かったな~ってのと。
口上の時は、ちょっぴりうるうるしそうでありました。

燕弥さん、応援してます。本格実力派だと思うのです。
ずっと拝見・拝聴していきたい方であります。

……しっかし、近年の落語家輩出に関しては、名古屋より岐阜の方がずっと上。
なにが、どこが、芸どころだよ、、、って、悪態つきたくなる……(すみません、他にもいろいろありまして)。

さてさて、良い気分になって、名古屋へ戻り、「一杯行くか!」……。
素直にオクトーバーフェストに行けば良かったのに、「たまには違うところ行ってみる?」
と色気を出したのが、間違いのもと……。
巷じゃ噂のビアガーデンに行ってみたのだけど……なんだよこの雑な感じは。
しかも高いよ、なにこれ。なにがどう○場直送なのさ???!!!
こちとら名代の酒飲みだ、なめんなよーーーーーっ!!! と。(`ε´)。
せっかくの良い気分が台無しになったので、「口直し」に、めおとカラオケ。

三橋美智也、松田聖子、中森明菜、プリ2、沢田研二、ミスチル、相対性理論、
オスカルにラスカルにタイムボカンに戦国鍋TV~~と歌い散らかして、帰宅。
あ、そうそう、もうひとつ。ちゃんと「さらば恋人」も歌ったのでした。

ふう。(^-^;)。

燕弥さんの会、岐阜で続くそうです、次回は11/14とのこと。
ウェブサイト(ここ)にはまだ掲載がありませんけど、情報にアンテナ張っておきましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR